President & CEOOfficers of the CorporationBoard of TrusteesFoundation BoardLeadership CouncilAbout Joslin ResearchAdvocacy & Gov't AffairsHistory
Managing DiabetesChildhood DiabetesNutritionExerciseOnline Diabetes ClassesDiscussion BoardsJoslin Clinical ResearchInfo for Healthcare ProfessionalsJoslin Clinical Guidelines50-Year Medalist Program
Make an AppointmentmyJoslin | Patient PortalAdult ClinicYoung Adult Transition CarePediatricsEye CareWeight Management ProgramsDO ITMental Health & CounselingReferring PhysiciansBillingAfrican American ProgramsAsian ClinicLatino Diabetes InitiativeAbout Joslin ResearchVolunteer for Clinical Research StudiesInfo for Healthcare ProfessionalsClinical Guidelines
Directory of Joslin InvestigatorsDiabetes Research Center Alumni ConnectionVolunteer for Clinical Research Studies
Media RelationsNews ReleasesInside JoslinSocial Media
Affiliated CentersPharma & DeviceCorporate EducationPublicationsProfessional EducationInternationalHealthcare ProfessionalsCommercialization and VenturesJoslin Institute for Technology Translation (JITT)
Give NowHigh Hopes FundWays to GivePlanned GivingEventsGet InvolvedCorporate & Foundation SupportOur DonorsDevelopment Team

ジョスリン・サンスター糖尿病教育プログラム (JSDEI)

パンフレットの製作

JSDEIはこれまでに、患者および医療専門家に対するパンフレットを英語と日本語で作成しました。糖尿病と口腔保健の間の密接な関連性、その両者において栄養が果たす役割を解説しています。医師に対しては、糖尿病患者の歯周病を簡便にスクリーニングする方法を、そして、歯科医師に対しては、患者の糖尿病をスクリーニングする方法や、糖尿病患者における歯周治療の難しさについて示しています。患者向けのパンフレットでは、糖尿病患者、あるいは糖尿病の危険性のある患者に対し、歯周病との関係について、またその関係について医師や歯科医師とどのように話し合うべきかについて、さらに、食物の選び方やオーラルケアによって糖尿病のリスクを低減する方法について示しています。

セミナーの開催

セミナーの開催

2008年以降、JSDEIは米国で7回、日本で6回、欧州で3回、中国で1回、専門家セミナーを開催しました。これまでに世界中の5,600名以上の医師、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士の方々が参加、医科と歯科の専門家が一同に会して口腔と全身の健康を議論する画期的な場を提供、全世界の人々の健康増進についての啓発活動に努めてまいりました。今後も、2015年7月26日に東京で、2015年11月6日にバルセロナで、そして2016年1月には、累計20回目となる専門家セミナーがシンガポールで開催される予定です。また、歯科医療のインターネットポータルサイトを開設し、教育を提供してきました。

________________________________________

2008年

セミナー「糖尿病と口腔保健と栄養の相互関係・革新・介入・治療」

 2型糖尿病患者の治療にあたっているプライマリケアプロバイダー(医師など)、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医師、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたセミナー。CME、CDE、CE履修単位の5.0時間に相当。米国シカゴにて414名が参加して開催されました。

セミナー「糖尿病、口腔保健、食事: 予防のための包括的アプローチ」

 19名のサンスター社員が参加して、米国ボストンで開催されました。日本では90名のサンスター社員が大阪で開催されたセミナーに参加し、同時中継された会場以外の2ヶ所でも160名以上が参加しました。

________________________________________

2009年

セミナー「糖尿病、口腔保健、食事: 予防のための包括的アプローチ」

 本セミナーは60名のサンスター社員のために米国シカゴにおいて再度開催されました。

セミナー「糖尿病と口腔保健と栄養の相互関係、革新、介入医療」

 2型糖尿病患者の治療にあたっているプライマリケアプロバイダー(医師など)、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたこのセミナーは、米国内2ヶ所(ロサンゼルス、ニューヨーク、英語)にて745名が参加して開催されました。このプログラムは、CME、CDE、CE履修単位の5.0時間相当でした。

セミナー「食事・栄養の糖尿病と歯周病との係わり」

 主に医師、歯科医師、管理栄養士を対象に、日本国内2ヶ所(大阪・東京)にて、およそ1000名が参加して開催されました。

________________________________________

2010年

セミナー「食事・栄養の糖尿病と歯周病との係わり」

 主に医師、歯科医師、管理栄養士を対象にした名古屋でのこのセミナーには、273名の日本人に加え、中国から15名の歯科医師が参加しました。

________________________________________

2011年

セミナー「食事・栄養の糖尿病、歯周病との関わり」

 主に医師、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたこのセミナーは、米国内2ヶ所(サンフランシスコ、ワシントン)、日本(福岡)にて908名が参加して開催されました。

セミナー「食事・栄養の糖尿病、歯周病との関わり」

日本では約100名のサンスター社員が大阪で開催されたセミナーに参加し、同時中継された会場以外の12ヶ所でも100名以上が参加しました。

________________________________________

2012年

セミナー「糖尿病・肥満の管理と療養支援」

 主に医師、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたこのセミナーは、スイス(ジュネーブ)、米国内2ヶ所(マイアミ、ダラス)、日本(京都)にて794名が参加して開催されました。

________________________________________

2013年

セミナー「明日からの糖尿病療養支援に役立つ情報、医科・歯科チーム医療の観点から」

 主に医師、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたこのセミナーは、イタリア(ミラノ)、日本(横浜)にて636名が参加して開催されました。

セミナー「糖尿病、糖尿病の合併症、歯周病と全身疾患、糖尿病を取り巻く行政・企業の動向」

 115名のサンスター社員が参加して、日本・東京で開催されました。

________________________________________

2014年

セミナー「糖尿病、口腔保健、栄養」

 主に医師、管理栄養士、糖尿病専門家、歯科医、歯周病専門家、歯科衛生士を対象にしたこのセミナーは、ドイツ(フランクフルト)、中国(北京)にて823名が参加して開催されました。

*ジョスリンウェブサイト以外のウェブサイトへのリンク

財団法人サンスター財団

http://www.sunstar-zaidan.org/index2.htm

*ジョスリン糖尿病センターが提供することを明瞭に識別できる場合を除き、ジョスリンは、その他のウェブサイト上またはインターネット上の情報、製品、または、サービスについて一切の保証または管理をいたしません。 便宜上、ジョスリンウェブサイト以外のサイトへのリンクを提供することがあります。これらのサイトはジョスリンが管理しているものではありません。ジョスリンは、これらのサイトに含まれる情報の正確性に関していかなる表明も行うものではありません。ジョスリンが他のサイトにリンクしていることは、ジョスリンが当該サイトの内容に関して保証したり責任を負うことを意味するものではありません。ジョスリンは、その他のウェブサイトが提供する内容、製品、または、サービスを利用または信頼したことから生じる損害に関して、いかなる直接的あるいは間接的な義務または責任も負いません。

Page last updated: August 03, 2015